A.葬儀費用は、一次的には祭祀主宰者(喪主)が負担することになります。
香典や弔慰金は一次的には葬儀費用に充てられるべきものです。なので、喪主の方が葬儀費用として使用した場合は問題ありません。

葬儀費用や香典返しに充てられる額を引いてもなお残余がある場合には喪主あるいは遺族において今後の祭祀主宰の費用に充てるなどに使われることが考えられます。

これらは原則的には遺産分割の対象とはなりませんが、相続人全員の合意によりこれらを遺産分割の考慮に入れることは可能です。ただ、葬儀費用等については調停の中で解決できない場合には、民事訴訟手続で解決することになります。