A.「自己のために相続の開始があったことを知った時」から3ヶ月以内(熟慮期間)に相続放棄をすることでプラスの財産も含めて一切の相続をしないことができます。ただ、相続財産を処分していると相続放棄は出来なくなるので注意してください。

「自己のために相続の開始があったことを知った時」というのは、相続人が相続開始の原因たる事実及びこれにより自身が法律上相続人となった事実を知った時、ということを意味します。
つまり、自分より先順位の相続人がいたが、その者が相続放棄をしたために自分が相続人となったという場合には、その先順位の相続人が相続放棄をしたことを知った時から3ヶ月以内に相続放棄をするか否かを判断するということになります。

被相続人の納税義務は相続人が承継するので、その税金の通知書等がくることによって当初は相続人ではなかった自分が相続人になったということを知ることがあると思いますが、その場合はその通知書等が来たときを基準に相続放棄をするかの判断することになるかと思います。

相続放棄をする場合には裁判所の相続放棄の申述書とともに当該通知書を資料として提出すれば足りるでしょう。相続放棄の時期が、被相続人の死亡時から3ヶ月以上経過している理由を申述書の別紙あるいは上申書の形で簡単に説明しておけばいいでしょう。