A.まず、位牌や仏壇などの祭具、墓地や墓石などを祭祀財産といいます。そして、祭祀財産は一般的な相続の対象とはなりません。なお、遺骨に関してもこの祭祀承継者が管理すべきものと考えられています(最三小判平成元年7月18日)。

祭祀財産は、祭祀の主宰者に帰属することになります。祭祀の主宰者は、①被相続人の指定、②慣習、③家庭裁判所の審判、という順序で決定されます。
つまり、被相続人が指定していなければ、慣習によって定まり、その慣習が明らかでない場合には家庭裁判所の審判によって決まります。

祭祀承継の問題は、遺産分割の調停・審判とは別の審判事件なので、別の申立が必要なのが原則ですが、遺産分割の当事者全員に争いがない場合には遺産分割手続の中で祭祀承継者を指定することができます。